修斗 20110403

大会名 BORDER -season3-「春雷」
日時 2011年4月3日(日)
場所 大阪府 大阪市 平野区民センター        
主催者 TKプロモーション


【第1試合】フェザー級 5分2R[2011年度新人王トーナメント1回戦]
Dr. takuya(日本/総合格闘技道場BURST)59.8kg
判定 0-3
石原夜叉坊(日本/修斗GYMS直心会)59.7kg
※[メイン]鈴木利治 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
 [サブ]山本諭志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
     浦 僚克 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
※※石原が2回戦進出。2回戦では角田成稔(総合格闘技スタジオSTYLE)との対戦が決定。

【第2試合】バンタム級 5分2R[2011年度新人王トーナメント1回戦]
桑原 悠(日本/PUREBRED大宮)55.1kg
判定 0-2
柴田“MONKEY”有哉(日本/総合格闘技スタジオSTYLE)56.0kg
※[メイン]鈴木利治 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
 [サブ]山本諭志 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
     浦 僚克 19-20(1R 9-10/2R 10-10)
※※柴田が2回戦進出。2回戦では北島進(チーム・レッグロック)との対戦が決定。

【第3試合】ミドル級 5分2R[2011年度新人王トーナメント1回戦]
レッツ豪太(日本/総合格闘技道場コブラ会)75.7kg
判定 3-0
吉川雷鳴(日本/PUREBRED鳥取)75.9kg
※[メイン]鈴木利治 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
 [サブ]山本諭志 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
     浦 僚克 20-19(1R 10-10/2R 10-9)
※※レッツが2回戦進出。2回戦では加藤靖(総合格闘技ゴンズジム)との対戦が決定。

【第4試合】ウェルター級 5分2R[2011年度新人王トーナメント1回戦]
クレイジーバーサーカー文平(日本/パラエストラ大阪)70.0kg
判定 3-0
別府セブン(日本/総合格闘技道場コブラ会)69.4kg
※[メイン]鈴木利治 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
 [サブ]山本諭志 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
     浦 僚克 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
※※クレイジーバーサーカーが2回戦進出。2回戦では大尊伸光(パラエストラ松戸)との対戦が決定。

【第5試合】バンタム級 5分2R
渡辺 健太郎(日本/直心会格闘技道場)55.7kg
TKO 2R 0:00
佐藤 ハヤト(日本/パラエストラ松戸)55.7kg
※セコンドのタオル投入
※※[メイン]鈴木利治 1R 10-10
  [サブ]横山忠志 1R 10-10
      浦 僚克 1R 9-10

【第6試合】ウェルター級 5分2R
柴 博(日本/PUREBRED京都)69.8kg
S 1R 2:28
下石 康太(日本/MMA修斗ジムBLOWS)70.0
※横三角絞め

【第7試合】フライ級 5分3R
生駒 純司(日本/直心会格闘技道場)52.0kg
判定 1-0
ヒートたけし(日本/和術慧舟會東京本部)52.0kg
※[メイン]鈴木利治 29-29(1R 9-10/2R 10-10/3R 10-9)
 [サブ]山本諭志 30-28(1R 10-10/2R 10-9/3R 10-9)
     浦 僚克 28-28(1R 8-10/2R 10-9/3R 10-9)

【第8試合】環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦 5分3R
松本 輝之(日本/シューティングジム大阪)55.6kg
判定 0-2
扇久保 博正(日本/パラエストラ松戸)55.9kg
※[メイン]鈴木利治 29-29(1R 10-10/2R 10-9/3R 9-10)
 [サブ]山本諭志 28-29(1R 9-10/2R 10-9/3R 9-10)
     浦 僚克 28-29(1R 8-10/2R 10-10/3R 10-9)
※※扇久保がタイトル獲得、第2代環太平洋フェザー級チャンピオンに。



リンク 公式結果 boutreview            

  • 最終更新:2011-08-01 14:17:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード