新日本キック 20110417

大会名 TITANS NEOS 9
日時 2011年4月17日(日)
場所 東京都 文京区 後楽園ホール           
主催者  


第13試合 メインイベント 69kg契約 3分3R
緑川 創(藤本ジム/日本ウェルター級王者)
×竹若 佑輝(八景ジム/日本ウェルター級3位)
判定3-0 (和田30-29/中村30-29/少30-29)

第12試合 セミファイナル 70kg契約 3分3R
日菜太(湘南格闘クラブ/RISEミドル級1位)
×ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場/HEATキックミドル級王者)
判定3-0 (和田30-26/シーナ30-28/中村30-27)

第11試合 スーパーフライ級 3分3R
江幡 睦(伊原道場/日本フライ級王者)
×松崎 公則(STRUGGLE/WPMF日本スーパーフライ級3位)
1R 0'49" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる額のカット)

第10試合 ヘビー級 3分3R
天田 ヒロミ(デジタルスピリッツ/HEATキックヘビー級王者、WPMF日本2位)
×楠 ジャイロ(ブラジル/アーネスト・ホーストジム)
3R 0'39" KO (右ローキック)

第9試合 63kg契約 3分3R
×中尾 満(伊原道場/日本ライト級王者)
翔センチャイジム(センチャイムエタイジム/NJKFライト級8位、WPMF日本スーパーライト級7位)
判定0-2 (秋谷29-29/少29-30/和田28-30)

第8試合 バンタム級 3分5R
藤原 あらし(バンゲリングベイ・スピリット/WBCムエタイ日本バンタム級王者、WPMF日本Sフライ級1位)
×池田 茂由(伊原道場/日本バンタム級1位・前王者)
4R 2'45" TKO (ドクターストップ:前歯の損傷)

第7試合 ヘビー級 3分3R
國吉(治政館/日本ヘビー級1位)
×ヤン・カシューバ(カナダ/バンゲリングベイ・スピリット)
判定2-0 (和田29-29/中村30-29/シーナ30-29)

第6試合 フェザー級 3分3R
瀬戸口 勝也(横須賀太賀ジム/日本フェザー級2位)
×兼子 ただし(伊原道場/日本フェザー級4位)
判定3-0 (29-28/29-28/30-28)
※3R左フックで兼子に1ダウン

第5試合 フェザー級 3分5R
内田 雅之(藤本ジム/日本フェザー級5位)
×立嶋 篤史(ASSHI-PROJECT/WPMF日本フェザー級10位)
4R 1'33" TKO (レフェリーストップ:パンチ連打)

第4試合 55kg契約 3分3R
×拳士浪(治政館/日本バンタム級7位)
ラジャサクレック・ソーワラピン(タイ/ラジャサクレックジム)
1R 2'47" TKO (レフェリーストップ:右肘打ちによる額のカット)

第3試合 55kg契約 3分3R
飯島 一成(治政館/日本バンタム級9位)
キム・ギフン(韓国/バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本Sバンタム8位)
判定1-0 (29-28/29-29/29-29)

第2試合 63.5kg契約 3分2R
大槻 翔太(伊原道場)
×渡久山 ゆうた(平井ジム)
1R 1'03 KO

第1試合 63kg契約 3分2R
木村 旭洋(伊原道場)
×DAI(ストライカーズ・ラボ)
1R 2'39" KO


リンク 公式結果 boutreview              

  • 最終更新:2013-12-04 13:53:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード