GLADIATOR 67

大会名 GLADIATOR 67 - 創道塾 武士道 Ⅱ
日時 2014年3月23日(日)
場所 和歌山県 岩出市民総合体育館
主催者 創道塾


第19試合 武士道バンタム級タイトルマッチ MMA バンタム級(61.2kg) 5分2R
辻川 凌平(創道塾)【1R1:35 三角締め】×近藤 ジュニオ(草野道場)
※辻川選手が武士道バンタム級王座を防衛。

第18試合 武士道フライ級王座決定戦 MMA フライ級(56.7kg) 5分2R
南出 剛(創道塾)【1R3:09 TKO】×サイボーグ大生(GUILTY格闘愚連隊)
※チャンピオンの横溝和也が武士道フライ級王座を返上。
※南出選手が武士道フライ級新王者。

第17試合 GLADIATORフライ級タイトル次期挑戦者決定戦 MMA フライ級(56.7kg) 5分2R
×横溝 和也(創道塾)【1R3:27 腕十字】○NavE(LIL☆STAR)
※NavE選手が上田将年(緒方道場)の持つGLADIATORフライ級王座への挑戦権を獲得。

第16試合 武士道ミドル級王座決定戦 MMA ミドル級(83.9kg) 5分2R
黒田 好治(創道塾)【1R1:26 ネックロック】×KING(祥空館 Team I☆B)
※黒田選手が武士道ミドル級新王者。

第15試合 MMA 63kg契約 5分2R
箕嶋 唯人(創道塾)【2R1:25 TKO】×KAZ(祥空館team I☆B)

第14試合 GLADIATORキックフェザー級王座決定戦 キック 58kg契約 3分3R
×大前 健太(創道塾)【判定0-3】○橋本 良輔(志村道場)
※橋本選手がGLADIATORキックフェザー級新王者。

第13試合 武士道キックヘビー級王座決定戦 3分3R
×池野 榮司(池野道場)【判定0-3】○GORIセノオ(月心会)
※GORIセノオ選手が武士道キックヘビー級新王者。
※池野選手ローブローでイエローカード1枚。

第12試合 キック 70kg契約 3分3R
×細田 龍一(若極蓮 和歌山)【判定0-3】○ユン・ジュンジェ(CMA KOREA)
※細田選手契約体重オーバーの為、レッドカード1枚

第11試合 キック 無差別級 2分2R
米沢 知佐(総合格闘技道場コブラ会)【判定0-0】▲LEE SUN(CMA KOREA)

第10試合 プロレスリング 61分1本勝負
ミノワマン(フリー)【逆片エビ固め】×アントニオ小猪木(西口プロレス)

第9試合 MMA 68kg契約 3分/1分
杉本 郭幸(創道塾)【判定0-0】▲内弁慶ひさし(京都 猛者連)

第8試合 MMA 56kg~58kg契約 3分/1分
鉄山 大至(創道塾)【1R0:49 TKO】×上野 暢彦(INFINITY)

第7試合 キック 58kg契約 2分3R
×谷本 翔哉(若極連 和歌山)【判定0-2】○龍昇(京都 猛者連)

第6試合 MMA 56kg契約 3分/1分
×松原 聖也(創道塾)【判定0-2】○後藤 琢也(ピーズラボ大阪)

第5試合 キック 72kg契約 2分3R
×大野 隆浩(若極連 和歌山)【判定0-3】○園山 翔太(京都 猛者連)

第4試合 MMA 90kg契約 3分/1分
×伊勢竜(京都 猛者連)【判定0-3】○(岐阜侍)

第3試合 MMA 58kg契約 3分/1分
土屋 涼太(創道塾)【1R2:29 TKO】×田中 信一(総合格闘技道場コブラ会)

第2試合 MMA 63kg契約 3分/1分
×尾山 剛(創道塾)【判定0-3】○秋岡 翔(京都 猛者連)

第1試合 MMA 75kg契約 3分/1分
KENGO(京都 猛者連)【1R2:41 アームロック】×岩倉 豪(草野柔術)


リンク 公式結果               


  • 最終更新:2014-04-02 05:28:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード