MA 20111009

大会名 BREAK-18 -Sils-
日時 2011年10月9日(日)
場所 東京都 ディファ有明         
主催者  


第9試合 ダブルメインイベント2 WMAF世界フェザー級タイトルマッチ 3分5R
駿太(谷山ジム/王者)
×キム・ジェスク [金 灰石](韓国/HaNamDojo/挑戦者・MA-KMA韓国フェザー級1位)
1R 2'19" KO (3ダウン:右肘打ち)
※駿太が2度目の防衛

第8試合 ダブルメインイベント1 54kg契約 3分5R
伊東 拓馬(橋本道場/MA日本バンタム級王者・WPMF日本バンタム級1位)
×ノ・ミンウ [慮 珉宇](韓国/K.Y GYM/MA-KMA韓国バンタム級1位)
判定3-0 (50-45/50-46/50-45)

第7試合 ダブルセミファイナル2 MA日本スーパーウェルター級挑戦者決定トーナメント決勝 3分5R(延長1R)
×廣虎(ワイルドシーサー沖縄/MA日本スーパーウェルター級1位)
アーサー雅仁(習志野ジム/MA日本スーパーウェルター級2位)
6R 判定1-2 (9-10/10-9/9-10)
5R 判定1-0 (48-45/47-47/48-48)

第6試合 ダブルセミファイナル1 MA日本バンタム級挑戦者決定トーナメント決勝 3分5R(延長1R)
×山本 ノボル(契明ジム/MA日本バンタム級2位)
大野 貴志(新座ジム/MA日本バンタム級3位)
4R 2'59" TKO (ドクターストップ:パンチによる鼻の負傷)

第5試合 ウェルター級 3分5R
川口 龍哉(武勇会/MA日本ウェルター級3位)
×涼平(TARGET)
4R 1'06" TKO (ドクターストップ:左肘打ちによる額のカット)

第4試合 ライト級 3分4R(延長1R)
×佐藤 琉(JMC横浜GYM/MA日本ライト級4位)
狂平(武勇会/MA日本ライト級5位)
1R 2'45" TKO (ドクターストップ:膝蹴りによる顔面のカット)

第3試合 ウェルター級 3分4R(延長1R)
諸岡 直人(Kインター柏ジム/MA日本ウェルター級4位)
×和真(早川ジム/MA日本ウェルター級8位)
判定3-0 (40-37/40-38/40-37)

第2試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
鋭司(HIMI GYM/MA日本スーパーフェザー級9位)
×大輔(Studio-K/MA日本スーパーフェザー級10位)
4R 判定3-0 (10-9/9-10/10-9)
3R 判定1-0 (30-29/30-30/30-30)

第1試合 フェザー級 3分3R(延長1R)
×キューピー晋大(HOSOKAWAジム/MA日本フェザー級9位)
洋センチャイジム(センチャイムエタイジム)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

オープニングファイト第4試合 ミドル級 3分3R
馬場 仁(JMC横浜GYM)
×ゆとり・キック(ワイルドシーサー群馬)
2R 2'16" TKO

オープニングファイト第3試合 2011MA日本ライト級新人王トーナメント準決勝 2分3R
木村 ミノル(タナベジム)
×ちび太(Studio-K)
1R 1'35" KO

オープニングファイト第2試合 2011MA日本フェザー級新人王トーナメント準決勝 2分3R
×青山 知寛(Kインター柏ジム)
橋場 翔(習志野ジム)
2R 0'27" KO

オープニングファイト第1試合 2011MA日本バンタム級新人王トーナメント1回戦 2分3R
梶 要介(橋本道場)
×万太郎(PCK)
判定3-0


リンク boutreview                   


  • 最終更新:2012-01-30 10:24:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード