NJKF 20120218

大会名 KICK TO THE FUTURE 1
日時 2012年2月18日(土)
場所 東京都 文京区 後楽園ホール       
主催者  


第10試合 WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフライ級王座決定戦 3分5R
×TOMONORI(OGUNI GYM/WMCインターコンチネンタル・スーパーフライ級王者)
ロミー・アダンザ(米国/WBCムエタイ米国バンタム級王者)
2R 0'19" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる額のカット)
※アダンザが新王者に

第9試合 63.5kg契約 3分3R
大和 哲也(大和ジム/WMCインターコンチネンタル・ライト級王者、K-1 MAX 63kg日本トーナメント優勝)
×デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ/センチャイムエタイジム/元ルンピニー&WMCバンタム級王者)
1R 2'28" KO (パンチ連打)

第8試合 70kg契約 3分3R
×健太(E.S.G./NJKFスーパーウェルター級&Krush 70kg級王者)
TOMOYUKI(誠剛館/国際チャクリキ協会ミドル級王者・元ACCELミドル級王者)
判定0-2 (29-30/29-29/28-29)

第7試合 61.5kg契約 3分3R
宮越 慶二郎(拳粋会/NJKFライト級王者)
町田 光(橋本道場/MA日本スーパーフェザー級王者)
判定1-0 (ポアナイン30-30/山根30-29/和田29-29)

第6試合 NJKFスーパーライト級初代王座決定戦 3分5R
高橋 誠治(東京町田金子ジム/WBCムエタイ日本スーパーライト級王者)
×一輝(OGUNI GYM/元NJKFライト級王者)
判定3-0 (ポアナイン49-47/和田49-47/小川50-47)
※高橋が新王者に

第5試合 NJKFスーパーバンタム級初代王座決定戦 3分5R
×裕センチャイジム(センチャイムエタイジム/NJKFスーパーバンタム級1位)
新人(E.S.G/NJKFスーパーバンタム級2位)
判定1-2 (小川48-49/松田49-48/和田48-49)
※新人が王者に

第4試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
×岩井 伸洋(OGUNI GYM/NJKFスーパーフェザー級3位)
大和 大地(大和ジム/NJKFスーパーフェザー級4位)
1R 2'56" TKO (ドクターストップ:左肘打ちによる額のカット)

第3試合 68kg契約(肘無し) 3分3R
白神 武央(拳之会)
テヨン(キングジム)
判定0-1 (29-29/29-30/29-29)

第2試合 スーパーフライ級(肘無し) 3分3R
×鰤鰤左衛門(キックボクシングスクールCORE)
ニモ(キングジム)※井上敬之 改め
判定0-3 (28-30/29-30/29-30)

第1試合 スーパーフェザー級(肘無し) 3分3R
琢磨(東京町田金子ジム)
×番長 翔(OGUNI GYM)※高野 翔 改め
判定3-0 (30-26/30-26/30-26)

NJKFアマチュア65kg級王座決定戦 2分3R
坂井 亮介(FLYSKY GYM/東日本代表)
×山本 正利(GTPC/西日本代表)
判定3-0 (30-28/30-28/30-27)

NJKFアマチュア60kg級王座決定戦 2分3R
田中 洸幸(VERTEX/東日本代表)
×南野 卓幸(隆拳塾/西日本代表)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)


リンク boutreview                    


  • 最終更新:2012-02-21 00:41:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード