WBCムエタイ 20111002

大会名 WBCムエタイ・ジャパン第2回大会 The Path to the World Champion
日時 2011年10月2日(日)
場所 東京都 文京区 後楽園ホール
主催者  


第8試合 メインイベント スーパーライト級 3分5R
ジョムトーン・チューワッタナ(タイ/ラジャダムナン&WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)
×大和 哲也(大和ジム/WMCインターコンチネンタル・ライト級王者、K-1 MAX –63kg 2010日本王者)
判定3-0 (多賀谷50-47/小川50-47/小林50-47)

第7試合 メインイベント WBCムエタイ女子インターナショナル・ライトフライ級王座決定戦 3分5R
×デニス・メラー(イギリス/元WBCムエタイ女子インターナショナル・ミニフライ級王者)
神村 エリカ(TARGET/WPMF&WMC世界女子ミニフライ級王者、Girls S-cup2011トーナメント優勝)
1R 1'49" KO (パンチ連打)
※神村が新王者に

第6試合 セミファイナル WBCムエタイ日本ライト級タイトルマッチ 3分5R
羅紗陀(キングジム/王者・世界13位)
×増田 博正(スクランブル渋谷/挑戦者、世界14位、元全日本ライト級王者)
判定3-0 (小林48-47/櫻井49-47/山根49-46)
※羅紗陀が初防衛

第5試合 WBCムエタイ日本フライ級タイトルマッチ 3分5R
×大槻 直輝(OGUNI GYM/王者)
加藤 竜二(橋本道場/挑戦者、MA日本&WPMF日本フライ級王者)
判定0-3 (山根46-49/多賀谷47-50/櫻井47-50)
※加藤が新王者に

第4試合 WBCムエタイ日本スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
高橋 誠治(東京町田金子ジム/王者)
×菅原 勇介(TARGET/挑戦者、J-NETWORKスーパーライト級王者)
判定2-0 (小川50-47/多賀谷48-48/山根50-48)
※高橋が初防衛

第3試合 WBCムエタイ日本バンタム級王座決定戦 3分5R
闘魔(新宿レフティージム/WPMF日本&M-1スーパーフライ級王者)
×幸二郎(OGUNI GYM/NJKFバンタム級2位)
判定3-0 (多賀谷50-46/小川50-46/小林50-47)
※闘魔が新王者に

第2試合 WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R
×新人(E.S.G/NJKFスーパーバンタム級1位)
日下部 竜也(OISHI GYM/元シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者)
5R 2'30" KO (左フック)
※日下部が新王者に

第1試合 WBCムエタイ日本ライト級次期挑戦者決定戦 3分5R
宮越 慶二郎(拳粋会/NJKFライト級王者)
×黒田 アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORKライト級王者)
判定2-1 (山根49-48/小林48-49/櫻井50-47)


リンク boutreview                    


  • 最終更新:2012-01-24 13:56:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード