パンクラス 20110904

大会名 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
日時 2011年9月4日(日)
場所 東京都 ディファ有明
主催者  


本戦2部
第9試合 メインイベント フェザー級暫定キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ 5分3R
×鹿又 智成(パラエストラ八王子/1位)
タクミ(パラエストラ大阪/3位)
判定0-3(松宮28-30/豊永28-30/千葉28-30)
※タクミが暫定王者に

第8試合 セミファイナル ミドル級 5分2R
大山 峻護(フリー)
×ソン・ギュソク(韓国/パンクラスコリア/TEAM MAX)
1R 0'11" KO(右フック)

第7試合 バンタム級 5分3R
赤井 太志朗(ノヴァウニオン・ジャパン/1位)
大石 真丈(フリー/4位)
判定1-0(高本30-29/松宮30-30/千葉30-30)

第6試合 ライト級 5分3R
×井上 克也(和術慧舟會RJW/元王者)
小谷 直之(ロデオスタイル/チームZST)
1R 1'44" 腕ひしぎ十字固め

第5試合 アテナルール 70kg契約 5分3R
中井 りん(修斗道場四国)
ダニエル・“The Curse”・ウェスト(イギリス/パンクラス・ロンドン)
判定1-1(和田28-29/豊永29-28/福田29-29)

 前日計量では、中井の62.4kgに対し、ウェストは69.4kg

第4試合 ウェルター級 5分2R
×山崎 昭博(SUBMIT静岡/5位・修斗環太平洋ミドル級8位)
鈴木 槙吾(ALLIANCE/7位)
1R 4'01" ギブアップ (ヒールホールド)

第3試合 フェザー級 5分2R
高藤 正和(高田道場/6位)
×沼尻 健(フリー)
不戦勝 (試合前の負傷による沼尻の欠場)

第2試合 アテナルール ミニマム級 5分2R
大室 奈緒子(和術慧舟會東京本部)
永易 加代(パラエストラ広島)
判定1-0(豊永20-19/谷内20-20/松宮20-20)

第1試合 スーパーフライ級 5分2R
安永 有希(東京イエローマンズ/3位・2011年同級ネオブラッドトーナメント優勝)
×石井 俊光(和術慧舟會TIGER PLACE)
1R 4'45" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)



本戦1部
第2試合 ライト級 5分2R
平山 敬悟(パラエストラ八王子)
×冨樫 良介(ALLIANCE)
1R 1'20" TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ)

第1試合 スーパーフライ級 5分2R
×山中 剛(和術慧舟會TLIVE)
島袋 力(CORE)
判定0-2(千葉18-20/高本18-20/谷内18-20)



パンクラスゲート
第7試合 ウェルター級 プロ昇格トーナメント決勝戦 5分1R(延長3分1R)
×ルクク・ダリ(吉田道場)
西川 純也(GRABAKA)
2R 判定0-3(9-10/9-10/9-10)

第6試合 ライト級 プロ昇格トーナメント決勝戦 5分1R(延長3分1R)
×金子 健作(パラエストラ東京)
原 昭仁(坂口道場)
判定0-2(9-10/10-10/9-10)

第5試合 フェザー級 プロ昇格トーナメント決勝戦 5分1R(延長3分1R)
若松 史朗(GRABAKA)
×深澤 駿(パラエストラ八王子)
判定3-0(10-9/10-9/10-9)

第4試合 フェザー級 5分2R
×土井 勝幹(総合格闘技ゴンズジム)
CORO(和術慧舟會TLIVE)
2R 1'13" ギブアップ (フロントチョーク)
※バンタム級プロ昇格トーナメント決勝戦が行なわれる予定だったが、田村裕之の負傷により土井が代わって出場。トーナメントはCOROの不戦勝となりプロ昇格。

第3試合 ミドル級 5分2R
ジョシュア・ロビソン(ロデオスタイル)
鈴木 敏和(GRABAKA)
時間切れ

第2試合 フェザー級 5分2R
×高津 庸(目黒武道研究会)
1R 4'53" TKO(グラウンドパンチ)

第1試合 バンタム級 5分2R
×風間 ルミ(GRABAKA)
北郷 祐介(和術慧舟會TIGER PLACE)
1R 2'06" TKO(グラウンドパンチ)


リンク 公式結果 boutreview      


  • 最終更新:2013-04-12 04:21:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード