DEEP 64

大会名 DEEP 64 IMAPCT
日時 2013年12月22日(日)
場所 東京都 ディファ有明              
主催者 DEEP事務局


第16試合 フライ級(ノンタイトル戦) 5分3R
和田 竜光(吉田道場/DEEPフライ級王者)
×越智 晴雄(パラエストラ愛媛/修斗バンタム級(56kg)世界5位)
判定3-0 (豊永=和田/福田=和田/芹沢=和田)

第15試合 フライ級 5分3R
元谷 友貴(CBインパクト/元DEEPフライ級王者)
×清水 清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/スーパーフライ級(56.7kg)キング・オブ・パンクラシスト、修斗バンタム級(56kg)世界9位)
判定3-0 (芹沢=元谷/島田=元谷/豊永=元谷)

第14試合 ライト級 5分3R
中村 K太郎(和術慧舟會K太郎道場)
×イ・グァンヒ(韓国/CMA KOREA)
1R TKO 右フック→パウンド連打
※中村が前日計量で1.2kgオーバーのためイエローカード2枚と罰金を与えられ、本来試合が成立しないが、グァンヒが勝利した場合のみ公式記録とし、中村が勝利した場合はノーコンテストとなる特別ルールで行われた。
※公式結果は無効試合となっているが、当サイトでは記録上、中村の勝利として取り扱う。

第13試合 長谷川秀彦引退試合 体重無差別 5分2R
×長谷川 秀彦(アカデミア・アーザ/元DEEPウェルター級王者)
濱村 健(Honey Trap)
判定0-3 (豊永=濱村/芹沢=濱村/千葉=濱村)

引退セレモニーでは日本サンボ連盟から功労賞も贈呈され、10カウントゴングの後、桜木裕司、ベルナール・アッカら練習仲間に胴上げされてリングを降りた。

第12試合 フェザー級 5分2R
×鍵山 雄介(総合格闘技道場コブラ会)
中村 好史(マッハ道場/修斗ライト級(65kg)世界7位)
判定0-2 (豊永=中村/芹沢=ドロー/千葉=中村)

第11試合 ミドル級 5分2R
辰巳 豪人(フリー)
×ルーク・モリ(オーストラリア/BRAVE)
判定2-0 (千葉=辰巳/島田=辰巳/豊永=ドロー)

第10試合 フライ級 5分2R
小島 壮太(吉田道場)
×清田 秀樹(キングダムエルガイツ)
判定2-0 (芹沢=小島/島田=ドロー/千葉=小島)

第9試合 フェザー級 5分2R
×別府セブン(総合格闘技道場コブラ会)
高橋 憲次郎(マッハ道場)
判定0-3

第8試合 ライト級 5分2R
川崎 泰裕(R-BLOOD)
エドモンド金子(BRAVE)
判定0-0
※川崎は150gオーバーのためイエローカード1枚と罰金。
※1Rローブローの反則で金子にイエローカード1枚

第7試合 70kg契約 5分2R
福本 吉記(クラブバーバリアン)
×尾薗 勇一(フリー)
1R 0'46" TKO (レフェリーストップ:右フック)

第6試合 メガトン級(体重無差別) 5分2R
酒井 リョウ(パラエストラ松戸)
×ガブリエル・ゾボ・ラビー(フランス/フリー)
1R 2'59" KO (右フック→グラウンドパンチ)

第5試合 ライト級 5分2R
LUIZ(禅道会)
×高橋 重智(GRABAKA)
1R 3'58" チョークスリーパー

第4試合 ライト級 5分2R
×西方 清信(KOコンバット)
江藤 公洋(和術慧舟會HEARTS)
判定0-3

第3試合 フライ級 5分2R
×中村 龍之(IMPACT GYM)
中山 ハルキ(GRABAKA)
判定0-2

第2試合 フライ級 5分2R
×薩摩 竜仁(BLUE DOG GYM)
鈴木 隼人(BRAVE)
2R 3'45" チョークスリーパー

第1試合 ウェルター級 5分2R
海老名 義隆(CORE)
新里 佳彦(総合格闘技道場MAKUGAN)
判定0-0

オープニングファイト第3試合 DEEP JEWELSルール 53kg契約 5分2R
×茂木 康子(リバーサルジム新宿Me,We)
前澤 智(パラエストラ八戸)
1R 2'19" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
※茂木は1kgオーバーのためイエローカード2枚と罰金。茂木は一本かKO以外の勝ちはない。

オープニングファイト第2試合 フェザー級 5分2R
オーロラ☆ユーキ(KIBAマーシャルアーツクラブ)
×粥川 健人(チームカズ)
2R 1'57" チョークスリーパー

オープニングファイト第1試合 ライト級 5分2R
友實 たつや(IMPACT GYM)
×大迫 元喜(香取道場)
判定3-0


リンク boutreview                 


  • 最終更新:2013-12-24 15:09:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード