J-NETWORK 20120430

大会名 J-NETWORK
J-KICK 2012 ~NEXT J-GENERATION~ 2nd
日時 2012年4月30日(月/祝)
場所 東京都 文京区 後楽園ホール
主催者  


第12試合 ダブルメインイベント2 J-NETWORKスーパーウェルター級王座決定トーナメント決勝戦 3分5R
×高 修満(エイワスポーツジム/J-NETWORKスーパーウェルター級1位、ラジャダムナン同級8位、WPMF日本ウェルター級5位)
森本 一陽(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーウェルター級2位)
判定0-3 (北尻48-49/櫻井48-50/小川47-50)
※森本が新王者に

第11試合 ダブルメインイベント1 J-NETWORKバンタム級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R(延長1R)
×喧太(フォルティス渋谷/J-NETWORKバンタム級3位)
木村 健太郎(サバーイ町田/J-NETWORKバンタム級1位)
判定0-3 (シーナ28-29/北尻29-30/櫻井28-30)
※木村が新王者に

第10試合 セミファイナル フェザー級 3分3R(延長1R)
×シティーチャイ・ウルフジム(タイ/ウルフキックボクシングジム/元ルンピニー・バンタム級王者、2011年ムエローク58kgトーナメント準優勝)※シティーチャイ・センモラコット 改め
小山 泰明(建武館/J-NETWORKフェザー級1位)
2R 2'42" KO (左ハイキック)

第9試合 51.5kg契約 3分3R(延長1R)
大槻 直輝(OGUNI GYM/NJKFフライ級1位、元WBCムエタイ日本同級王者)
薩摩サザ波(TARGET/J-NETWORKスーパーフライ級2位、WPMF日本フライ級4位)
2R 負傷判定0-0 (20-20/20-20/19-19)

第8試合 スーパーライト級 3分3R
須釜 和成(拳粋会/NJKFスーパーライト級4位)
落合 淳(STURGIS新宿ジム/RISE RISING ROOKIES CUP 2011 スーパーフェザー級準優勝)
判定0-1 (29-30/29-29/30-30)

第7試合 バンタム級 3分3R
萬田 千晴(九州比山ジム/J-NETWORKスーパーフライ級6位)
×竹原 廉(STURGIS新宿ジム/J-NETWORKバンタム級8位、WPMF日本バンタム級7位)
判定2-0 (29-29/29-28/30-28)

第6試合 ウェルター級 3分3R(延長1R)
堤 大輔(チームドラゴン/J-NETWORKウェルター級7位)
×原田 雅人(フォルティス渋谷)
4R 2'53" TKO (タオル投入)
3R 判定1-1 (29-29/30-29/29-30)

第5試合 スーパーライト級 3分3R(延長1R)
渡部 翔太(チームドラゴン)
×富士丸 亮太(藤ジム)
4R 1'36" KO
3R 判定1-0 (30-29/29-29/30-30)

第4試合 ライト級 3分3R
高橋 一熹(リバーサルジム東京スタンドアウト)
藤 良太郎(藤ジム)
判定1-0 (29-28/29-29/29-29)

第3試合 55.5kg契約 3分3R
稼頭徳(JTクラブジム)
×石原 兄資(アクティブJ)
判定2-0 (29-29/30-28/29-28)

第2試合 J-NETWORKバンタム級王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
木村 健太郎(サバーイ町田/J-NETWORKバンタム級1位)
×キム・ギフン(バンゲリングベイ・スピリット/J-NETWORKバンタム級4位、WPMF日本同級4位)
判定3-0 (30-29/30-29/29-28)

第1試合 J-NETWORKバンタム級王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
喧太(フォルティス渋谷/J-NETWORKバンタム級3位)
×日畑 達也(FKD/J-NETWORKバンタム級2位、WPMF日本同級3位)
判定3-0 (29-28/29-27/29-27)

オープニングマッチ第2試合 スーパーフライ級 3分3R
×印南 陽介(KS宇都宮ジム)
濱田 巧(藤ジム)
2R 0'55" KO

オープニングマッチ第1試合 ウェルター級 3分3R
伊藤 信也(フォルティス渋谷)
恒センチャイジム(センチャイムエタイジム)
判定0-1


リンク boutreview                   


  • 最終更新:2014-05-18 03:14:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード