Krush 20110430

大会名 Krush初代王座決定トーナメント ~Triple Final Round~
日時 2011年4月30日(日)
場所 東京都 後楽園ホール
主催者  


第11試合 Krush 63kg初代王座決定トーナメント決勝 3分3R(最大延長2R)
×卜部 功也(チームドラゴン/K-1甲子園2008準優勝)
梶原 龍児(チームドラゴン/WFCA世界ライト級王者)
判定0-2 (野口28-29/豊永28-28/久保坂28-30)
※梶原が初代王者に

第10試合 Krush 60kg初代王座決定トーナメント決勝 3分3R(最大延長2R)
卜部 弘嵩(チームドラゴン/2007全日本新空手K-2軽中量級王者)
ד狂拳”竹内裕二(菅原道場/WMAF世界スーパーフェザー級王者)
1R 1'28" KO (左ハイキック)
※卜部が初代王者に

第9試合 Krush 55kg初代王座決定トーナメント決勝 3分3R(最大延長2R)
瀧谷 渉太(桜塾/ 元全日本バンタム級1位・2007全日本新空手K-2軽量級王者)
×日下部 竜也(OISHI GYM/SB日本スーパーバンタム級王者)
3R 2'14" KO (右顔面前蹴り)
※瀧谷が初代王者に

瀧谷が昨年3月に敗れた日下部にリベンジを果たすとともに、19戦目にして初のベルト奪取を果たした。日下部はプロデビュー以来の連勝記録が12でストップした。

第8試合 70kg Fight 3分3R(延長1R)
山本 優弥(青春塾/元全日本ウェルター級王者)
×郷野 聡寛(フリー/元全日本ヘビー級王者)
判定3-0 (朝武30-29/野口30-29/豊永30-28)

第7試合 Krush 63kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
卜部 功也(チームドラゴン/K-1甲子園2008準優勝)
×白濱 卓哉(建武館/2009 Krush Rookies Cup優勝)
判定3-0 (久保坂30-28/和田30-28/豊永30-27)
※1R左フックで白濱に1ダウン

第6試合 Krush 63kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
梶原 龍児(チームドラゴン/WFCA世界ライト級王者)
×才賀 紀左衛門(M&Jキックボクシングジム/K-1 WORLD MAX 2010 -63kg Japan Tournament 3位)
判定3-0 (久保坂29-28/和田29-28/勝本29-28)

第5試合 Krush 60kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
卜部 弘嵩(チームドラゴン/2007全日本新空手K-2軽中量級王者)
×DYNAMITE祐太(Liquid FIST/J-NETWORKライト級4位)
判定2-0 (野口30-29/朝武30-30/和田29-28)

第4試合 Krush 60kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
“狂拳”竹内裕二(菅原道場/WMAF世界スーパーフェザー級王者)
×野杁 正明(OISHI GYM/K-1甲子園2009王者)
3R 1'51" KO (2ダウン:左フック)

第3試合 Krush 55kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
×水原 弘暁(光ジム/NPO JEFA/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)※水原浩章 改め
日下部 竜也(OISHI GYM/SB日本スーパーバンタム級王者)
判定0-3 (久保坂29-30/勝本29-30/朝武28-30)

第2試合 Krush 55kg初代王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
瀧谷 渉太(桜塾/ 元全日本バンタム級1位・2007全日本新空手K-2軽量級王者)
×KENJI(DC LAB. GYM/元NJKFフライ級王者)
4R 判定3-0 (豊永10-9/朝武10-9/勝本10-9)
3R 判定1-0 (豊永29-28/朝武30-30/勝本29-29)

第1試合 63kg Fight 3分3R(延長1R)
×山本 佑機(橋本道場/WMAF世界スーパーライト級王者)
山崎 秀晃(チームドラゴン)
1R 1'11" KO (右フック)

オープニングファイト第2試合 55kg Fight 3分3R
(チームドラゴン)
×田中 一輝(月心会)
3R 2'53" KO

オープニングファイト第1試合 60kg Fight 3分3R
松野 祐貴(NPO JEFA)
鈴木 雄三(極真会館)
判定0-0 (29-29/29-29/30-30)


リンク boutreview                     

  • 最終更新:2013-07-06 10:45:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード